じょうぶな骨を育てる情報サイト カルシウム相談室

認知症とカルシウム

カルシウムが不足すると、体内のカルシウムイオンの量を保つために、骨や歯からカルシウムを補充しようとします。骨や歯から過剰に流出したカルシウムは血管や脳に悪影響を及ぼし、心筋梗塞や脳梗塞、認知症などさまざまな病気の原因となります。

したがって、日ごろから意識的にカルシウムを摂取することが大切です。

コラムのトップに戻る

トップへ戻る ▲