骨粗鬆症簡単チェック(FOSTA指標)

いまや骨粗鬆症をかかえる方は1000万人を超えています。特に女性は男性の4倍以上もなりやすいこの病気は、じつは年齢と体重だけで簡易的な診断予測が出来るのです。
アジア8カ国・800人の女性を対象として行われた調査の結果では、年齢・体重と骨密度との間には、密接な関係があることがわかりました。
そこから導き出された計算式「FOSTA(骨粗鬆症リスク評価ツール)」によって、骨密度の低下リスクを予測することができるのです。

FOSTA=[体重(kg)−年齢(歳)]×0.2

骨粗鬆症簡単チェック(FOSTA指標)


閉経後の日本人女性1,127人を対象に行った調査によれば、FOSTAの値がマイナス4未満の方の43〜45%が、実際に骨粗しょう症という結果でした。
FOSTAだけで骨粗しょう症を診断することはできませんが、これを一つの目安として、食生活の改善や、詳しい検査・診察を受けるなどの対応を致しましょう。
タチカワ電解カルシウム