カルシウムの体内での動きと働き

人間の体内のカルシウムの99%以上は骨として存在します。骨には体を支えたり、臓器を守る役割もありますが、骨の一番重要な役割は、人間の体にとって必要不可欠なカルシウムの貯蔵なのです。 人間の体は60兆個の細胞から成り立っていますが、その細胞の働き(たとえば筋肉の収縮やホルモンの分泌など)の、いわばスイッチのような役割を果たしているのが、カルシウムイオンなのです。

カルシウムの体内での動きと働き

人間の血液中には常に一定量のカルシウムが必要です。しかし、血液中のカルシウムは汗や尿として少しずつ排出され続けており、足りない分は骨からカルシウムを取り出すことで血液中に補っています。

カルシウムの体内での動きと働き

しかし、食事から十分なカルシウムが摂れなかったり、骨からカルシウムを取り出すことを繰り返すことは、細胞の中にカルシウムを溜め込むことになり、骨を弱くしたり様々な病気の原因となり得ると言われています。

カルシウムの体内での動きと働き

その対策のためにも、毎日のカルシウムの補給が重要です。
タチカワ電解カルシウム